メニュー

お知らせ

  • 美術館展示延期のお知らせ

    栃木県の佐野市立吉澤記念美術館にて2019年 10月19日(土)~ 12月15日(日)開催が予定されていた「創る女たち」展ですが、台風19号被災に伴い年内休館となりました。
    来年1月以降の開会もしくは中止につきましては見通しが立ち次第、こちらのホームページでもご連絡させていただきます。

    ※詳細は美術館ホームページをご覧ください。

     

  • 第66回日本伝統工芸展 陳列会場決定のお知らせ

    第66回日本伝統工芸展巡回会場一覧

    山本茜の作品 截金硝子掛絡香合「○△□」は以下の会場で陳列されることになりましたのでお知らせ申し上げます。

    東京、名古屋、京都、金沢、大阪、松江、高松、福岡

    ご都合の良い会場でご覧いただけますと幸いです。

  • 美術館展示のお知らせ

    栃木県の佐野市立吉澤記念美術館にて、「創る女たち」展が開催されます。

    山本茜の『源氏物語シリーズ 第四十帖「御法」』が出陳されます。

    開催期間:2019年 10月19日(土)~ 12月15日(日)
    ※台風19号被災に伴い年内休館となりました。来年1月以降の開会もしくは中止につきましては見通しが立ち次第、ご連絡申し上げます。

    ※休館日など展覧会詳細は美術館ホームページをご覧ください。

    開催場所:佐野市立吉澤記念美術館
    〒327-0501 栃木県佐野市葛生東1-14-30 TEL 0283-86-2008

    源氏物語シリーズ 第四十帖「御法」
    源氏物語シリーズ 第四十帖「御法」
  • 第66回日本伝統工芸展のお知らせ

    山本茜の截金硝子掛絡香合「○△□」(きりかねがらすからこうごう「まるさんかくしかく」)が入選しましたのでお知らせいたします。

    会場、会期等詳細は日本工芸会HP→ https://www.nihonkogeikai.or.jp/exhibition/honten/66

    現時点で作品の巡回は東京、名古屋、京都、大阪会場まで決まっております。それ以降は追ってお知らせさせていただきます。

    <作品解説>
    掛絡(から)とは、禅僧が用いる袈裟についた象牙の輪のことを指し、掛絡香合は江戸時代の大名茶人、片桐石州が好んだと伝えられ、現在でも親しまれている形です。 今まで木工、漆、陶磁器での作例はありましたが、ガラスの作例は無く、この形に挑戦することにしました。 実際に作ってみてガラスの作例が無かったことに納得。蓋の外側と内側の合わせを同時にぴったり研磨によって合わすのは至難の業でした。 禅宗にちなみ、色は東福寺の小市松の庭園をイメージして青と緑の片身替りにしました。 截金文様は禅の教えを表すという○△□から、三角と四角のみの幾何学文様で構成しました。 香合の形○と、截金文様の中から思い思いの△□を探していただき、楽しんでご覧いただけましたら幸いです。

    032
    034
  • 「笹井史恵 漆芸展」 コラボレーション作品展示のお知らせ 

    笹井史恵さんの漆作品に截金を施した作品2点と、
    截金ガラスの玉眼入りの作品1点、
    計3点コラボレーションさせていただきました。

    ご高覧いただけますと幸いです。

     

    笹井史恵 漆芸展 空のさかな
    【会期・会場】
    2019年9月4日(水)~23日(月) 日本橋高島屋S.C.本館6階美術画廊X
    2019年10月30日(水)~11月5日(火) 大阪高島屋美術画廊NEXT
    2019年11月27日(水)~12月3日(火) 京都高島屋6階美術画廊
    「瑠璃のさかな」
乾漆:笹井史恵 / 截金ガラス:山本茜
    「瑠璃のさかな」 乾漆:笹井史恵 / 截金ガラス:山本茜